「うつさない」を守って「うつらない」、新しい登山スタイルは「思いやりのスタイル」。

お互いに感染防止を心掛けながら登山やアウトドア活動も少しずつ進めて行きましょう。「山岳医療機構」様のサイトにて登山再開に向けた知識をまとめおられます。ぜひご一読を。

宍粟50名山「笠ケ城山」と「母栖山」を訪ねて【福知山山の会】

 3月16日(火)、4人で宍粟50名山の「笠ケ城山」と「母栖山」に行きました。この日は気圧の谷が通るということで途中から雨が降り出しましたが、雨にも負けずにがんばりました。山頂では少し晴れ間もありラッキーでした。これで、31座登ったことになり、残すは19座!!(別選の5座を含めると、残り24座です。)

まずは、笠ケ城山(標高668.9m)から

予報通り、5合目あたりから雨が降り始めました。山頂では、恒例の記念撮影のあと、即下山しました😂

本日2座目は「母栖山」(標高654m)

母栖山に登るころには雨も上がりました。車で登山口まで移動し、急な登山道を登ると・・・・そこには、展望のない母栖山の山頂がありました。が、2つの山を踏破して、満足のいく山行となりました😁

福知山山の会では、2018年10月から「宍粟50名山」踏破に挑戦しています。毎月第3火曜日に山行を行っています。
過去の山行も合わせてご覧になってください。