風神の吹く山! 三十三間山【福知山山の会】

2019/10/14

 10月6日(日)、福井県の三十三間山に、7名で行きました。この山は、若狭と近江の国境の山で、京都の三十三間堂が創建された時にその棟木がここから切り出されたと伝えられています。急登ですが、頂上手前の広場は北に三方五湖と若狭湾、南に琵琶湖が望める絶景ポイントで、その上「風神」の名の通り風の通り道で汗を乾かしてくれます。風が強い日は防寒着もいりそうです。見晴らしがよいので、座ってお昼ご飯を食べるもよし、寝るもよし。(目が覚めたら、カモシカが傍にいたという経験をした人もいます。)シカが多いようなので、フンには注意。

Fooギャリー設定