「うつさない」を守って「うつらない」、新しい登山スタイルは「思いやりのスタイル」。

お互いに感染防止を心掛けながら登山やアウトドア活動も少しずつ進めて行きましょう。「山岳医療機構」様のサイトにて登山再開に向けた知識をまとめおられます。ぜひご一読を。

鈴鹿セブンマウンテン「入道ケ岳」【福知山山の会】

10月27日(日)、鈴鹿山系の中でも山頂からの眺望が抜群の「入道ケ岳」に、8名で行ってきました。「椿大神社」の駐車場から、北尾根コースを登り、下りは二本松尾根コースを使いました。標高は906mですが、山頂付近は広大な笹原が広がり、北には鈴鹿の山並み・東には四日市や名古屋方面の街並みを見渡すことができました。好天に恵まれ、気持ちの良い時間を過ごすことができました。

「椿大神社」(つばきおおかみやしろ)からスタートです。七五三のお参りらしき方がたくさんおられました。
名前の通り、たくさんの椿が植わっています。花の時期でないのが、残念( ゚Д゚)
ここからは、椿のトンネルを上ります。石段、多すぎ!!
途中の避難小屋で休憩。なかなかの急登でつかれたあ・・・・。(二本松尾根コースにも避難小屋があります。)
木の根っこが、ねじれながらむき出しになっています。引っかからないように慎重に登ります。
木の根っこに苦労しながら登り切ると、気持ちの良い笹原に・・・鎌ケ岳や御在所岳が見えます。次は、「御在所、行きたーーーーい」
三時間弱で山頂に到着(@_@)大きな鳥居が立っていました。
風がきつかったので、ススキのかげでお昼<(_ _)>
下りは、馬酔木のトンネル。樹齢200~300年、樹高6m、直径0.3mとか・・・こんな太い馬酔木は初めて!!
二本松尾根コースの看板まで下りてくると、広い河原にでました。ここを軽快に飛び越えてほっとしたところで、マムシに遭遇!!!うまい具合に逃げて行ってくれました。ここまでくれば、あと少しでゴール。
参加者よりひとこと

お天気も良くて、楽しい山行でした。椿大神社にも参拝してきました。椿大神社は、伊勢国一の宮。猿田彦大本宮で、全国2千余社の大本宮だそうです。(ちなみに、縁結びや夫婦円満にご利益があるそうです。)