福知山山の会では例会山行を中止しています。 山岳4団体声明(5/18追記)

2020/05/26

新型コロナウィルスの感染拡大を受け、京都府・京都市も特別措置法に基づく緊急事態宣言の対象地域に府を追加するよう政府に要請しています。
コロナウィルスの早期終息に向け、取りあえず5月末までの例会山行は中止します。
会員も含め登山者にも良識ある行動が求められています。車の乗り合わせをしない、県や府をまたいので移動をしない、万が一の遭難やけがのリスク低減等も求められています。
また全国の登山団体やヤマケイオンライン、ヤマップ、ヤマレコなどのSNSなどからも同様の提言がなされています。

一日も早くコロナウィルスが終息し世界が平穏な日常生活に戻る事を心より願っています。

福知山山の会会長 今井登惇


山岳4団体から「山岳スポーツ愛好者の皆様へのお願い(2)」とする声明が出されました。転載します。(5/18)

令和2年5月 14 日

山岳スポーツ愛好者の皆様へ(2)

令和2年4月 20 日、皆様にご案内申し上げましたコロナ禍に伴う山岳スポーツ活動の自粛要請につきましては、皆様方のご理解とご協力を賜りまして誠に有難うございました。
さて、コロナ禍は地域によってその感染状況が異なり、現況を踏まえ本日政府から改めて緊急自粛要請を継続する都道府県、あるいは解除された 39 県の発表がございました。
私共山岳四団体としましてもこの発表を受け、下記の通り再度皆様へ山岳スポーツ活動のお願いをさせて頂きますので、引き続きご理解とご協力をお願い申し上げます。
私共山岳スポーツ愛好者の活動自粛への協力が1日も早いコロナ禍の収束へつながることを期待しております。

1.緊急事態宣言が解除されない都道府県の皆様へ

東京都、大阪府、京都府、兵庫県、千葉県、神奈川県、埼玉県、北海道が該当します。これらの都道府県に山岳スポーツ関係事務所を置く、あるいは居住されている皆様には、政府発表の緊急事態宣言継続主旨を重く受け止めていただき、引き続き山岳スポーツ活動の自粛をお願い申し上げます。

2.緊急事態宣言が解除された 39 県の皆様へ

緊急事態宣言が解除された県内に山岳スポーツ関係事務所を置く、あるいは居住されている皆様につきましては、今後も、ご自身あるいは周囲への感染拡大の恐れもございますので、緊急事態宣言が解除されていない都道府県での山岳スポーツ活動は引き続き厳に自粛いただきますとともに、県を横断する山岳スポーツ活動についても、多人数での登山を控えるなどの慎重な行動をお願いいたします。

山岳四団体
公益社団法人 日本山岳・スポーツクライミング協会
日本勤労者山岳連盟
公益社団法人 日本山岳会
公益社団法人 日本山岳ガイド協会


山岳4団体から「山岳スポーツ愛好者の皆様へ」とする声明が出されました。転載します。(4/20)

令和2年4月20日

山岳スポーツ愛好者の皆様へ

新型コロナウイルス感染被害は拡大の一途をたどり、ついに緊急事態宣言対象地域が全国に拡大拡大しました。
山小屋の従業員を感染から守り、宿泊登山者の3密による相互感染を防ぐため、多くの山小屋やスポーツクライミング施設の閉鎖が相次いでいます。
新型コロナウイルスは、潜伏期間が長い、感染しても自覚症状がでない、一度陰性になっても再度陽性反応がでる感染者が多く見られます。このような潜在的感染媒介者には若年・壮年層が多いのも特徴です。
全国民が、外出制限、商業施設の相次ぐ閉鎖あるいは在宅勤務等々、日々逼迫した窮屈な生活を強いられています。このような現況下で、都市を離れ、清浄な空気と自然を求めての登山やクライミング行為は、出先の方々への感染を広め、山岳スポーツ愛好者自身が感染するリスクを高めます。
この緊急事態に対処するには、山岳スポーツを愛する皆様の他者への思いやり、そして何よりご自身の感染防御に専心され、事態の収束を見るまで山岳スポーツ行為を厳に自粛していただきますよう、山岳四団体としてお願いたします。
山岳スポーツに係わるすべての皆様の緊急事態宣言へのご理解とご協力で、感染症拡大阻止に寄与し、この未曽有の感染危機が一日も早く収束することを願っております。
近々事態が収まり、山で、岩場であるいはクライミング施設で皆様と再びお会いできる日を楽しみにしております。

山岳四団体
公益社団法人 日本山岳・スポーツクライミング協会
日本勤労者山岳連盟
公益社団法人 日本山岳会
公益社団法人 日本山岳ガイド協会