「うつさない」を守って「うつらない」、新しい登山スタイルは「思いやりのスタイル」。

お互いに感染防止を心掛けながら登山やアウトドア活動も少しずつ進めて行きましょう。「山岳医療機構」様のサイトにて登山再開に向けた知識をまとめおられます。ぜひご一読を。

花だより<綾部編>【福知山山の会】

福知山山の会では6月も例会中止としていますが、コロナ禍の中で、皆さんの登山の在り様も変化していることと思います。里山の良さに気づいたり、野山の花達に癒されたりすることの多いこの頃。昨日は、「水源の里」光野の「ヒメザゼンソウ」を見に行ってきました。綾部の「水源の里」といえば、老富町の「ミツマタやシャガ」、そして古屋の「栃の木」もよく知られています。光野の「ヒメザゼンソウ」は2014年に大カツラの調査の中で偶然に発見され、絶滅が危惧されている貴重なもの。予想よりも小さくて・・・「親指姫」か「かぐや姫」といったところでした。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止と植物の保護を考慮して、期間限定の予約制公開となっています。詳しくは、ホームページや新聞などでご確認ください。

幹回り17.48m,樹高33mの大カツラ。京都府のカツラ部門では1位、全国でもトップ3にランクイン(*^^)v昔は、山の神として崇められていた。
皆さんからの花だより<奥上林編>

奥上林といえば・・・頭巾山、君尾山、シデ山、そして古屋(洞峠・天狗畑)。新しくできた綾部のトレイルマップにも、この4つの山が紹介されています。山やまのラインで皆さんからいただいた可憐な花達を紹介します。

おすすめスポット①

関西花の寺として有名な楞厳寺。カラスの絵を描いた襖絵により「カラス寺」として親しまれています。ボダイジュ、サルスベリ、ツバキが「三古木」として有名で、4月にはツツジ、これからの季節にはハスの花も楽しめます。地元のTさんが、ひっそりと咲くかわいい花を探してくれました。

おすすめスポット②

綾部の大本さんといえば、モミジが有名かと思いますが、広いお庭はいろいろな木や花を楽しむことができます。ウォーキングついでに立ち寄ってみました。ナンジャモンジャの花が満開でした。