宍粟50名山「笛石山」 【福知山山の会】

2020/09/12

山行日 2020年7月21日(火)

参加者:5人
アプローチ:牧駅→朝来IC→R429→松の木公園駐車場

当初は、笛石山の北に位置する後山への分岐を大きく回る5時間をこえるコースを設定していましたが、当日・午後から雨の予報があり予定変更。登山口から山頂へ直登直下のコースをとることにしました。
登山口にあるかけ橋を渡り出発しましたが、かけ橋の下を流れる“淵”が美しく、板馬渓谷の川の流れの散策もやってみたいなあと思いました。

笛石山山頂
板見渓谷の淵

尾根までは、急で単調な山腹を喘ぎながらジグザグ登り、尾根筋も自粛の影響かピッチは上がりません。頂上直下の分岐から山腹を巻いて猫石をみました。みんなで「どこが猫なのか」と問いましたが回答はでませんでした。ここから展望できる千種町の街並みは、囲む山々そのなかを千種川が細く流れきれいです。町の人たちの静かな暮らしに思いをめぐらす趣をもっています。

頂上直下の猫石か、または笛石

レポート:S本