「うつさない」を守って「うつらない」、新しい登山スタイルは「思いやりのスタイル」。

お互いに感染防止を心掛けながら登山やアウトドア活動も少しずつ進めて行きましょう。「山岳医療機構」様のサイトにて登山再開に向けた知識をまとめおられます。ぜひご一読を。

国宝二王門と巨樹の森を訪ねて「綾部・君尾山」へ【福知山山の会】

12月5日(土)の例会は、3月に発行された「綾部トレイルトレッキングマップ」にも紹介されている君尾山(標高582m)に14人で出かけました。古道を歩き、国宝「二王門」へ。そして、モミとスギの巨木群・幻の大トチの木(天然記念物)など歴史を感じ巨樹の森をめぐるトレッキングコースです。素晴らしい青空の下、気持ちの良い山行となりました。

綾部温泉から山内古道を経て二王門へ

 綾部温泉駐車場に車を置かせていただき、山の会の「感染症対策のガイドライン」に沿って2班に分かれてスタート。二王門の下まで舗装路が整備されていますが、今回は山内古道から。最盛期は山上山下に72坊を有したといわれる光明寺…当時の賑わいに思いをはせながら落ち葉を踏み踏み歩きました。

国宝二王門

1248年に建立されたといわれる二王門。三間一戸、入母屋造の構造の二重門で、屋根は珍しい栩葺です。昭和29年に国宝に指定されました。現在は修復工事も完了し、朱塗りのきれいな二王門になっています。

光明寺

聖徳太子により開基されたと伝わり、役小角がこの地で修業したとか・・・。72あったといわれる坊は、兵火により二王門以外を焼失(1533年)。再建されたものの、明智光秀の攻めにあい再び焼失し、衰退したとのこと。鐘撞堂は、二王門と同時にリニューアルされました。

巨樹の森から大栃へ

光明寺の右手から登っていくと、モミやスギの巨木群になります。木の大きさだけでなく、苔や根っこの形も様々で楽しめます。大トチの木は、樹齢2000年ともいわれ、主幹の周囲10.4m・樹高23mあり、トチの木では京都府一の巨木です。

いよいよ幻の大トチの木とご対面!!

巨樹を満喫して・・・

林道から大トチの木までは、約25分。整備され歩きやすい道になっています。看板も設置されているので、迷うことなくたどり着けます。今回は山頂へは行かず、キャンプ場の跡を回って、二王門から綾部温泉駐車場まで戻りました。全工程約7.3㎞、4時間20分の山行でした。

😀参加者よりひとこと😊
良い天気で、ゆっくり歩きながら草木の名前を教えてもらい楽しかったです。二王門の素晴らしさが、初冬の景気に映えていました。大トチの木の生命力に圧巻でした。