「立山」北部労山合同 雪山テント泊 【福知山山の会】 

2019/05/02

2019年4月27日(土)~29日(月)北部労山合同で春の立山に行きました。積雪期テント泊体験が目的です。立山連峰は、前日に降った新雪でさらに美しく見えました。天気は快晴で、空の青さと雪の白さとテントのカラフルな色が映えました。この雪山テント泊山行は、学ぶことが多く実りある非日常の楽しい山行でした。

キャンプ場を目指します。
まず集合写真
キャンプ場に着きテントをはります。
周囲にはカラフルなテントが数多くあります。
滑落訓練中、彩雲が出てきました。

リラックスタイムです。夕方までミニ宴会です。
夕暮れのテント場です。
29日夜明け前出発し、剣御前小屋を目指し急坂を登っていきます。キャンプ場が小さく見えます。
急坂をゆっくり登っていきます。稜線に出ると風がきつく体は冷えてきました。
雷鳥も出てきてくれました。
強風でかなり寒いし、風の音で仲間の声も聞こえにくくなります。一歩一歩確実に足場をとらえて登ります。
3時間も歩きようやく剱山が見えてきました。北部登山教室以来、2年ぶりの再会です。
強風の中やっと別山に着き、集合写真です。
この後雲が多くなり、天候悪化の予想で縦走断念し、下山しました。前には雄山がが見えます。
楽しい非日常体験でした。顔は雪焼けでかなり辛いです。