「うつさない」を守って「うつらない」、新しい登山スタイルは「思いやりのスタイル」。

お互いに感染防止を心掛けながら登山やアウトドア活動も少しずつ進めて行きましょう。「山岳医療機構」様のサイトにて登山再開に向けた知識をまとめおられます。ぜひご一読を。

烏ケ岳でクリーンハイク【福知山山の会】

緊急事態宣言で延期になっていたクリーンハイクを7月11日(日)に実施し、5名の参加がありました。以前から、烏ケ岳の山頂付近にゴミがたくさんあるということが確認されており、山の会の有志メンバーでゴミの回収を行って来ました。今回もビンやカンなど、それぞれの袋がいっぱいになるくらいのゴミを回収しました。
山に登る者のマナーとして、自分のゴミは自分で持ち帰るということを心がけたいものです。

ゴミ回収の合間に、樹木医のKさんから、花が終わった後の実についてもいろいろと教えてもらいました。楽しいひと時でした。近くの山にも面白いものがいっぱいです。うっとうしい梅雨の季節ですが、生き生きとした自然の姿に癒されました。

参加者より

頂上近くにたくさんのゴミがあると聞いていましたが、登山道にもちょこちょこあり、頂上近くにはどっさりありました。なんでこんなものがあるん?というようなゴミもあり、持っていたゴミ袋はどんどん重くなり・・・針金や鉄の棒は袋を突き破りました。錆びて朽ちた空き缶が、一番多かったかもしれません。少ない人数で結構大変でしたが、少しは美しくなったかな?また、みなさんと時々登って、烏ケ岳を楽しみたいです😁